いざという時のために|取引信用保険というサービス|奥の手がある

取引信用保険というサービス|奥の手がある

いざという時のために

ハート

医療費を安く済ませる方法

病気やケガで入院や手術となれば、医療費が高額になることがあります。そのもしもに備えるのが保険ですが、保険は医療費を支払った後に請求することがほとんどです。いくらか受け取れるのはありがたいのですが、先に医療費を支払わないといけないことに変わりはありません。一度に高額な医療費を用意できない人もいるでしょう。そこで保険とダブルで利用したいのが、限度額適用認定証です。医療費が高額になりそうな時に、あらかじめ提示しておくことで、1ヵ月の支払額が自己負担限度額までとなるので、長期の入院や手術でも安心です。この制度は、保険に加入しているかどうかは関係なく利用できるので、医療費の負担を軽減したい人は、ぜひ覚えておいて下さい。

家族構成や生活に応じて

いざ保険に加入すると言っても、その種類は様々です。大まかには入院保障、手術保障、所得補償などに分類され、中には病気だと加入できないものもあります。入院保障は、その名の通り病気やケガで入院した際に支払われます。入院何日目から支払われるのかを事前に確認しておきましょう。手術保障は、入院日数は関係なく、病気やケガに対する手術を行った際に支払われます。所得補償は、病気やケガによって仕事ができなくなり、収入が途絶えた時にそれを補償してくれる保険です。それぞれ支払われる保証額に応じて保険料も変わるので、自分の生活スタイルや貯蓄額を考慮した上で、保険を選ぶ必要があります。また加入するだけでなく、適度な見直しをおすすめします。