取引信用保険というサービス|奥の手がある

複数の車

短い自動車の保険がある

1日だけ自動車保険は一日単位で加入でき、加入料金はかなり安いです。ロードアシストや同乗者への傷害特約も付帯する便利な商品になります。子供が親の車を運転する時や、友人の車を借りるときにも役立つ保険です。

ハート

いざという時のために

病気やケガで高額な医療費を支払わなければいけない時は、保険よりもまず限度額適用認定証を準備しましょう。保険は後での支払いですが、限度額適用認定証があれば、窓口での負担を減らすことができます。そして保険には色々な種類があるので、自分の生活スタイルに合わせたものを選べば、もしもの時も大丈夫です。

模型

自転車事故に備えて

もしもの自転車事故に備えて、一度自転車保険について考えてみましょう。自転車保険について理解でき、加入を考えられる際には、いろんな保険会社やプランを比較検討し、自分に合った自転車保険をじっくりと選ぶことが大切です。

取引の貸倒を防ぐ方法

相談

事業を行う上で大切なことは売上をあげて利益をとることですがそれと同様に大切なことがあります。それは債権保全です。通常事業を行っていく場合にはすぐに入金があるという訳ではなく1か月もしくは数か月先に代金を支払う掛売上や手形決済などです。この場合に掛代金がきちっと入金されるのかもしくは手形が取立できるのかを確認する必要があります。この代金の入金がなければせっかくの売上が水の泡となります。この債権保全は工夫することによってより安全に保全することができます。その一つの方法が取引信用保険を利用する方法です。取引信用保険とは、保険料を支払うことによって代金回収が不能もしくは取引先の破綻などの際に保険金を受け取ることができるものです。

債権保全の中でも手形は特に注意が必要です。なぜ手形の場合に特に注意が必要なのかというと、裏書することによって期日前であっても現金代用することができるからです。たとえば3か月後が期日の手形を受け取ったとします。1か月後に裏書した上で仕入れ業者に手形を回したとします。期日の3か月後に手形振出先が破たんしたとします。この場合に仕入れ先への代金支払を再度行う必要が出てきます。この時点で資金繰りが大きく変化することになります。こういった点からも取引信用保険に加入することによって取引先の突然の破綻や回収不能に対応することができる点が大きなメリットです。また取引信用保険の種類によって保険金の支払い条件も異なるため注意が必要です。